banner

解体工事の騒音を考える

解体工事がうるさい場合の対処方法とは


解体工事をするときには騒音がつきものです。
建設のときにも騒音がするものですが、解体工事の場合にはそれほよりもうるさくなります。
その理由は壊さなければいけないからです。
人間の手によって壊す場合と重機によって壊す場合もあります。
しかしどの場合でも大きな音がしてしまうのです。壁などを解体する場合にはかなりの力が必要になるからです。
解体工事は新たに建築するためや更地にするためにもしなければいけないものなのですが、付近に住民がいる場合にはこの騒音によってかなりの迷惑をかけてしまいます。
睡眠妨害になってしまったり、テレビの音が聞こえにくくなるなどです。
まだ田舎のほうでは一軒一軒が離れていますのでいくらか音を解消できるのですが、都心などの場合でしたらビルが引きめきあうところもありますので仕事をしているすぐ隣で解体工事をされてしまうこともあるのです。
付近の方にできるだけ迷惑をかけないためにはどのようにすればいいのでしょうか・
まず一つ目に養生をするという方法があります。
これはブルーのシートを使うことが多いのですが、これで囲うことによって少しうるさいのを解消することができます。
しかしすべての音を消すにはまだほど遠くなります。
もう一つの方法は解体工事をする時間を昼間にすることです。
夜にしますと睡眠妨害になりますがまだ昼間でしたら寝る方も少ないですので騒音による被害を少なくできます。
ただそれでもテレビの音が聞こえなくなるなどの問題が生じてしまいます。
あともう一つの対処方法としてはできるだけ冬場にすることです。
夏場は暑いので窓を開けている方も多いのです。そのために騒音が聞こえやすくなります。
冬場は窓を閉めていますので騒音の被害が少なくなるのです。
そしてもう一つの方法はできるだけ短時間でしてしまうことです。
短時間でする場合には大掛かりな重機が必要にありますしその短時間でかなりの大きな騒音になります。
しかし短時間で終了すれば付近の住民に迷惑をかける時間も少なくなるのです。
ビルの爆破解体などはそのためにすることも多いのです。
そしてこれは騒音そのものを解消する方法ではないのですが、付近の住民に対して何か粗品やお詫びの品などを持っていくという方法もあります。
根本的な解決ではありませんが、このような品物を持っていくことによってクレームを軽減することができます。
解体する場合には付近のことをよく考えてしなければいけません。

Copyright(c) 2014 解体作業を円滑に行うための知識教えます!All Rights Reserved.